『人生は一度きり』『自分が制作・主演』

 

僕の就職活動はずいぶん前になりますが、今でも自分なりに就職活動に対して思うことがあります。
それは、『人生は一度きり』ということ。そしてその人生は『自分が制作・主演』だということ。
一度きりの自分の人生という「自作自演のドラマ」をどうストーリーを描き、演じるのかは自分が決めることです。

つまり、「自作自演のドラマ」をプロデュースする‶はじめの一歩”が就職活動ではないのでしょうか。

しかしこの時期は、親、友人、教授など周りの人の意見が色々と自分に降りかかってくる時期でもあるのが事実です。
そして、周りの友達の就職活動に惑わされたりすることも出てくることでしょう。

そんな時でも、決して自分を見失わず「志」をぶらすことなく、目一杯就職活動をすることを推奨します。

私たちは、まだ150名規模の発展途上。だからこそ、多くの難題と挑戦機会にも恵まれています。

多くのみんなと似たような人生とはサヨナラすることになるかも知れませんが、
僕の考えに共感し、自分にしか描くことのできない最高のドラマを描きたい人はぜひ、リビングハウスの門を叩いてください。

代表取締役社長  

PAGE TOP