髙橋 亜希

ららぽーと豊洲店 販売スタッフ


とても難しいですがとてもやりがいがあって楽しい仕事だなと感じております。

Q1: 出身校・学部(専攻)を教えてください。

同志社女子大学生活科学部人間生活学科を卒業しました。主に衣食住について学んでおりました。

Q2: これまでのキャリアを教えてください。

2015年4月 入社 リビングハウス堀江本店に配属
2016年10月 リビングハウス豊洲店へ異動
現在に至る

Q3: リビングハウスを選んだ理由は?

「コンサルティング接客」と「社風」に惹かれて入社を決めました。もともとインテリアコーディネーターの資格を活かした仕事をしようと考えておりましたので、販売をしたかったわけではありませんでした。そのため、ハウスメーカーやインテリアメーカーのショールームスタッフ職を志望しておりました。

その中で、インテリアつながりでリビングハウスを見つけ、いわゆるコーディネーターのようなコンサルティング接客に力を入れているという点に惹かれました。また、面接を進むにあたり、会社の進化し続ける方向性や考え方にとても魅力を感じました。社員の方のアットホームな雰囲気にも惹かれ、入社を決めました。ちなみに…入社後も最初の印象と全く変わりません☆とても前衛的でキラキラと働かれる方が多いです。

Q4: 販売をしていて一番うれしかったエピソードは?

「高橋さんからしか買いたくない」と言われたことです。
家具という一生のお買い物を私からしたいと言っていただけたことが何よりも嬉しかったです。信頼を得ることの大切さと、お客様の期待を越えるという責任を改めて感じました。
今後もお客様に魔法をかけられるよう成長していきたいと思います。

Q5: 今の仕事のやりがいは?

常に越えられない壁があることです。すごいかっこよく言いましたが、決してMではありません(笑)
インテリア販売のお仕事は、お客様のお部屋づくりのお手伝いはもちろんのこと、お店づくりや在庫管理だけでなく、何より事務作業やその他の仕事がかなりあります。ここがただの販売と違った点ですね。一見誰にでもできそうで、本当に難しいのがインテリア販売のお仕事だなと日々感じております。ちなみにリビングハウスは店舗によってカラーが違うので、クリエイティブな発想もどんどん採用されます☆
経験できる仕事が多い分ぶつかる壁もたくさんあります。ただ、同じだけ成長も感じられます。たくさんの成長を感じられるので、とても難しいですがとてもやりがいがあって楽しい仕事だなと感じております。

Q6: 休みの日は何をして過ごしていますか?

家でのんびりとすごしています。掃除や洗濯をまとめてすることも多いですね。たまにお買いものがてらインテリアショップを回ってどういった商品があるのかなどを勉強したりもします。ちなみに一人暮らしをスタートしてまだ日が浅いので、インテリア小物をみるのがとても楽しいですね。

Q7: 今後の夢・目標を教えてください。

店長です!チームづくりや教育に興味があることと、やはり現場を経験してから次のステップに進みたいと考えておりますので、まずは店長を目指し頑張りたいと思います。それから自分の適性や、生涯を通して目指したいものなどを見つけられたらなと思っております。

採用情報はこちらから

PAGE TOP